​ごあいさつ


 私たちのウェブサイトにお越しいただきありがとうございます。
 このサイトは多くの方に「遺伝性乳がん卵巣がん」、さらには遺伝性腫瘍について正しく知っていただくことを目的として、厚生労働科学研究費補助金がん対策推進総合研究事業「ゲノム情報を活用した遺伝性腫瘍の先制的医療提供体制の整備に関する研究」班によって運営されています。
 現在は男性の3人に2人、女性の2人に1人が生涯のうちにがんと診断される時代です。がんのなりやすさは生活習慣や環境、加齢に影響されますが、私たちはひとりひとり顔つきや体格が違うように、生まれつきの体質としてがんになりやすさ(なりにくさ)にも個人差があります。こうした中で、特に体質(遺伝要因)が強くかかわっているがんを「遺伝性腫瘍」といいます。
 遺伝性腫瘍はがん全体の5-10%程度を占めると考えられており、決して珍しいものではありません。その中でももっとも患者さんの数が多いのが遺伝性乳がん卵巣がん(HBOC)で、生まれつきの体質によって女性では乳がんや卵巣がん、男性では前立腺がんが他の人よりも発症しやすいというものです。HBOCの原因としてBRCA1BRCA2という2つの遺伝子が知られており、これらの遺伝子のいずれかに病的バリアント(がんが起きやすくなるような遺伝子上の特徴)を持つことで、HBOCと診断されます。
 HBOCと診断されることにより、治療法(手術の方法、選択する薬剤など)や手術後のサーベイランス(定期検査)の方法も変わってくる場合があります。また、HBOCと診断が確定することは、ご本人だけでなくご家族にも関係してくることから、質の高いHBOC診療のためには、遺伝カウンセリングをはじめとした遺伝医療の提供体制の充実が不可欠です。
私たちの研究班では、日本のすべてのHBOC患者さんを適切に診断し、最適の治療を提供することで、ご本人にとってもご家族にとっても満足していただけるような医療を実現すること、HBOCを多くの方に正しく知っていただくことをめざして研究活動を行っています。

櫻井先生02.jpg

札幌医科大学医学部 遺伝医学 教授
                            櫻井 晃洋

札幌医大.jpg