厚生労働科学研究費補助金 がん対策推進総合研究事業

「ゲノム情報を活用した遺伝性腫瘍の先制的医療提供体制の整備に関する研究」班とは

本研究班では、新たな段階の遺伝医療へと進むため、遺伝性腫瘍標準化、均てん化を目指し、5つの柱を軸に研究事業を
行っております。また、患者・市民の声に耳を傾け、市民参画を取り入れることにより、適切で安全な最善の医療を提供
するために研究を重ねています。本サイトを通じて、患者・市民の皆様が研究事業に理解を深め、より身近に
感じてい

くことを願いつつ、情報更新、そして研究者、医療者へ声を届ける場所としてご活用ください。

こらむ-2.png

市民向け遺伝性乳癌卵巣癌診療ガイドライン作成にあたり、HBOC当事者の皆様へアンケート調査を実施しております。
ご協力お願いいたします。

患者・市民セミナー 「いま、考えたいこと 伝えたいこと。」.jpg

2021年8月7日に開催された「遺伝性乳癌卵巣癌(HBOC)診療ガイドライン 2021年度版の解説」セミナーでいただいた質問への回答をアップロード中です。

ガイドライン.jpg

患者・市民を対象としたがんと遺伝、遺伝性腫瘍、ゲノム情報に関わる医療情報、社会問題について定期的にセミナーを実施しています。いま必要な情報、患者、市民の皆様に伝えたいこと、医療者や研究者と共に一緒に考えていただきたいことを、毎回テーマを変え多くの方へ届くよう実施してまいります。

患者・市民セミナー 「いま、考えたいこと 伝えたいこと。」のコピー.jpg

遺伝性乳がんに関する医療を受けられた患者さんやその血縁者の方を対象に、インタビュー調査を実施しております。

いま伝のコピー.jpg

本研究班代表者、研究分担者、研究協力者の一覧です。このメンバーでこの長い名称「ゲノム情報を活用した遺伝性腫瘍の先制的医療提供体制の整備に関する研究」に取り組んでいます。

いま伝.png

2021年7月日に発刊された「遺伝性乳癌卵巣癌(HBOC)診療ガイドライン 2021年度版」、2020年にHBOC診療が一部保険収載となりアップデートされている情報も多くあります。膵がんや前立腺がんについても記載されております。

スクリーンショット 2022-05-12 154627.png

市民公開講座「遺伝性乳がん卵巣がんを知ろう!」
2022年5月14日(土) 13:00〜16:00

対 象:医師、看護師、 メディカルスタッフ、 学生、当事者の方、一般の方


事前参加登録が必要です
https://docs.google.com/.../1FAIpQLSfKrs62.../viewform

現地参加:慶 應 義 塾 大 学 信 濃 町 キャン パ ス(総合医科学研究棟1階ラウンジ)
     事前登録後、当日現地まで直接ご来場ください。

ZOOM 参加 :URLは参加登録後にご案内
 

主催:多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)養成プラン

共催:厚生労働科学研究費補助金(がん対策推進総合研究事業)「ゲノム情報を活用した遺伝性腫瘍の先制的医療提供
​   体制の整備に関する研究」班

協力:慶應義塾大学病院HBOCセンター